有名講師をお招きしてセミナーを開いてみよう!

イベントを成功させる人

ウーマン

必要な能力

講演会を行なうためにまず最初に抑えておくべきことは、「イベント前日までにするべきこと」「イベント当日にするべきこと」の両方を理解することです。まずは前者から解説すると、イベント前日までにするべきことについて必要な能力は「想像力」「調整能力」「管理能力」です。想像力のポイントは、イベントを成功させるために「何が」必要か、「誰が」必要か、どういった」、どんな雰囲気を想定するのか、誰に名刺を渡すのか、どのようなイレギュラーが想定されるのか、まずは想像することから始まります。まずは頭の中で考えてから全て紙に書きましょう。ここから全てスタートします。次に調整能力が必要となります。相手方とのコミュニケーション、イベントの意図の確認、会場を抑えることや道具の有無など、本番に必要なことを取りそろえていきます。ここでは対人関係が発生することから、コミュニケーション能力や交渉能力が必要となってきます。最後に管理能力ですが、調整したものをほったらかして良いわけありません。進捗状況をしっかり明記することが大切です。最初に想像・想定したことと照らし合わせながら行うことで、漏れがなくなりやすいです。そして後者ですが、イベント当日に大切な能力は「即断力」です。イベントというものは基本的に対人関係の集合体です。お客様はもちろん、運営者やスタッフに対してもそうです。イベントとは、「事前に行った努力をぶつける本番」という認識は正解だとは思いますが、想像・想定通りに終わることはまずありません。そこで必要となる能力が、講師の即断力です。相手に合わせてコミュニケーションを図ったり、イレギュラーに即座に対応することです。これを身につけるには講師としての場数が必要となります。講師にもこれだけ準備しておくことがありますが、一方、開催者側にも準備して置かなければならないことは山のようにあります。会場の準備から講演会の広告宣伝活動、講師の手配など、段取りがわからなければ戸惑う人も少なくありません。講演会の準備に戸惑った時には、専門会社に相談しましょう。講演会への講師派遣を専門とする会社が存在するので、依頼すればコンタクトがなくとも有名な講師に出演依頼してもらえます。会場設営や宣伝も行なってもらえるので、初めて講演会を開催する場合などは頼るといいでしょう。

Copyright© 2017 有名講師をお招きしてセミナーを開いてみよう! All Rights Reserved.